最終更新日2020.04.30

介護認定審査課では、介護認定審査会に係る事務を行っており、公平・公正で迅速な審査判定を行うため、審査会委員や関係市町と連携を図りながら、適正な介護認定審査会の運営に努めています。

介護認定審査会については、審査判定の平準化や公平性の確保、審査会委員の確保や事務の効率化等の観点から、石巻広域圏の介護認定審査会を共同設置し、その運営を当組合で行っています。


介護認定審査会の概要について

【審査会委員の構成及び人数】                 令和2年4月1日現在 

医 師     20人理学療法士    5人保健師      2人
歯科医師     5人作業療法士    4人看護師      6人
薬剤師      5人精神保健福祉士  2人福祉関係職員  11人
合計60人 ※1合議体あたり、6人の委員で構成

【審査会の数】

10合議体を組織し、原則毎週「月・水・木」曜日に1日2合議体ずつ開催しています。


介護認定審査会の結果について

介護認定審査会の審査判定状況




※「介護認定審査結果」へ移動します。


介護サービス利用までの流れについて

利用者(被保険者)
申   請 ・・・ 市町窓口へ申請します。
訪問調査
主治医意見書
・・・ 認定調査員が訪問調査を行います。また、主治医に意見書の記載を依頼し、回収を行います。
審査・判定 ・・・ 訪問調査の結果と主治医の意見書の内容に基づき、介護の手間の検討により、どの程度の介護が必要なのかを審査判定します。
審査会後、審査判定結果を市町へ送信します。
認定結果の通知 ・・・ 審査判定結果に基づき、認定結果通知を申請者に発送します。
サービス利用 ・・・ 認定結果に応じて、サービスを利用することができます。

※申請から認定結果が通知されるまでは、1か月程度の期間を要しますが、申請件数の増加等に
 より、遅延する場合があります。


新型コロナウイルスに関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、令和2年4月7日付けで厚生労働省から「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取り扱いについて(その4)」が発出されました。

この内容は、更新申請が必要な方のうち、申請者や施設等の意向により認定調査が困難な方に対し、要介護認定及び要支援認定の有効期間を従来の期間に加えて12か月までの範囲内で市町村が定める期間を合算されるとされたものです。

詳しくは、お住いの地域の介護担当課にご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取り扱いについて(その4)(令和2年4月7日 厚生労働省老健局老人保健課 事務連絡)


◆介護認定情報に関するホームページ(リンク)◆
・石巻地区の介護情報はこちら ↓ ↓ ↓
石巻市(高齢者・介護)の情報を見る 東松島市(高齢者・介護)の情報を見る 女川町(高齢者・介護)の情報を見る
・宮城県や厚生労働省の情報はこちら ↓ ↓ ↓
宮城県・長寿社会政策課の情報を見る 介護事業所・生活関連情報検索(介護サービス情報公表システム)が利用できます
国の政策や介護に関する通達などはこちら 厚生労働省(介護・高齢者福祉)の情報を見る